素直でいること

Pocket
LINEで送る

どうも、松田です。

成長のために必要不可欠なマインドについてお話しします。

 

「素直でいること」

 

成長のためには素直が一番大切

成長のカーブを上向きにするのは、

「素直でいること」

この言葉に尽きると思います。

 

何事も
「それって本当なの?」
と疑って、検証して「確かに正しいな」
と思っている間に多くの時間がかかります。

 

その一方で、

「とりあえず、やれと言われたことはやってみよう」

と思う人は、毎日毎日、新たな行動を起こし、新たな発見・経験につながり、より早く成果、つまりは収入を得ることが出来ます。

素直であるからこそ、成長するのです。

 

でも騙されたくない

でも、その一方で、こういう風に感じるかもしれません。

「素直に信じて、あとから、騙された馬鹿なやつだと思われたくない」

と。
確かにそういう気持ちは分かります。

騙されたと分かったときの悔しい思いは、
出来る限り体験したくないですからね。

かといって、先に述べたように、
「騙されたくないから、石橋をたたいてたたいていく」というのもどうでしょうか。

いつも石橋をたたいていては先に進みません。
人って、成果が見えない中で、長時間物事を継続していくのは結構大変です。
ダイエットでもそうですよね。
ダイエットを始めて1週間は、直ぐに効果が現れますが、じきに停滞期がきます。
「やっているのに効果が出ない」期間です。
この期間で、大体挫折することが多いようです。
今回紹介する内容については、
やれば直ぐに効果は出る、つまり収入を得ることが出来ます。
「本当に正しいのか?」
「騙されはしないだろうか」
「後々支払いが発生するんじゃないか」
とか、疑い出せばきりがありません。
でも、その間に「素直」な人は、どんどん成果を出していきます。
その中で、
「よし、自分は自分だ。がんばろう」
「でも、色々検証してからにしよう」
という気持ちが、どれだけ長期間続くでしょうか。

 

まずはかじって、咀嚼して、判断する

少なくとも、最初のプレゼントの内容は、
マイナスになるような事は無いはずです。
まずは「素直に取り組んでみる。そして早期に成果を出す」
この経験を味わって頂きたいと思います。

 

「今のあなたでいい」が意味するもの

少し話はそれますが、
あなたはこんな言葉をかけられた事は無いでしょうか?
「今のままでいいじゃない。オンリーワンなんだから」
という言葉です。
とてもやさしくて、相手のことを尊重している言葉です。
でも、シチュエーションによっては、とても残酷な言葉です。
「稼いでいきたい!」と強く思っているあなたに対して「今の稼げない自分でいいじゃない。オンリーワンなんだから」と言われているんです。
残酷なことを言うようですが、
周りの人は、あなたにそれほど期待していません。
「あなたなら、出来るよ!」という言葉の背景には、今までのあなたの姿を見て
「あなたなら、(これくらいなら)出来るよ」
と言っていることが多いと思います。
異論がある方もいらっしゃるかもしれませんので、
立場を逆にして、少し考えてみましょうか。
あなたが、夢を語りつつも悩んでいる知人に対して
「あなたなら出来るよ!」と言葉を掛けるとき、
どのように考えていますか?
「(いままではだめだったけど)
あなたなら、
(これまではこれくらいはできたから、元気を出してもらいたいから)
出来るよ!
(と言ってあげよう)」
という気持ちが、微塵も無いでしょうか?
無条件で
「(いままではだめだったけど)
あなたなら、
(これまでの事は全然関係ない。自分は心の底から)
出来るよ!
(と信じて疑わない)」
と言ってあげられているでしょうか?
これまで色々な経験をしてきたあなたにとって、それは難しいのではないかと思います。
残念ながら、
多くの人は、これまでのあなたの姿を見て判断をしています。
例えばあなたの収入が毎月30万円だったとして、
「年間1億円を稼ぎたい」という夢を強く思っていたとして、
「あなたなら出来るよ!」
と心から言ってくれる人がどれだけいるでしょうか。
「何を子供みたいな。現実を見ろよ」
と言われていないでしょうか。

 

自分に期待してくれるのは自分だけ

 
私は、
否定的なことを言って、
あなたのモチベーションを下げて欲しいのではありません。
私は、
「自分に期待してくれるのは自分だけなのだ」
と言うことをお伝えしたいのです。
人に期待をすれば、人に期待の言葉を掛ければ、同時に、その代償を負うことになります。
「あの時、あなたがそう言ったからやったのに!」
と言われたり、期待をしていたのにがっかりしたということもあるかもしれません。
でも、自分に対してはどうでしょうか。
自分に期待し、自分に期待の言葉を掛ければ、どうであれ、自分の範囲で収まります。
自分に期待をしてもしなくても、将来の自分に責任を持つのは、自分自身でしかありません。
だったら、無条件で自分に期待していいんじゃないでしょうか。
自分を無条件で信じていいんじゃないでしょうか。
「でも、自分はこれくらいしか出来ないから」
なんて思わないでくださいね。
これから、いろいろなことを学びながら、
色々な経験をして、大きく稼ぐようになります。
そのはずなのですが、その1つ1つで
「自分はまだこれだけしか出来ないから」
なんて思っていたら、うまくいくこともうまくいきません。

 

自分に対して親バカであれ

小さいお子さんをお持ちの方や、
知り合いにお子さんがいらっしゃる方は、
「子供の成長ってすごいなぁ」
と感じた経験もあるかと思います。
それは、両親や周りの人々が、
馬鹿だからです(悪い意味じゃないですよ)。
親馬鹿だからです。
子供が初めて「パ・・・ば・・」と言葉を発したとき
「おお!すごい!パパって言ったよ!確かにパパって言った!
天才じゃないか!今日はケーキだ。パーティーだ!」
て喜ぶじゃないですか。
それだから子供は成長するんです。
無条件で信じてくれるから、成長していくんです。
でも。
初めて「パ・・・ば・・」と言葉を発したとき
「何がパ・・ば だ!
ちゃんとはっきりとパパと言え!
パ・・・ば がなんだ! パパがどうした!
ちゃんと日本語で言え!」
と反応していたらどうでしょうか。
いつもいつもそのように言われた子供が、
すんなり成長していくでしょうか?
また、あなたが、そんな状況を目にしたら、
文句のひとつも言いたくなるのではないでしょうか?
「ちゃんと自分の子供を信じろよ!!」
と、怒り心頭かもしれません。
じゃあ。。。。。
自分自身に対してはどうでしょうか?
「自分はまだまだこれくらいだから」
「たったこれっぽっちのことを喜べないよ」
って、言っていないですか?
自分に対して
「なにが『パ・・・ば』だ!!」って言っていないですか?

「子供にそんなひどいことを言うなよ!」

と思いながら、

自分自身に同じ事を言っていないでしょうか?

「自分はまだまだ。これぽっち」

という人と

「自分はこれが出来た!すごい!」

という人と、

どちらが伸びていくと思うでしょうか。

 

先にお話しましたとおり、
自分を信じてくれるのは自分しかいません。
残った自分が、自分を否定していては、
だれが、自分を信じてくれるのでしょうか。
「自分に期待してくれるのは、自分だけなのです」
自分の事を信じて、
素直にやるべきことをやり、
わずかな成長を大きく喜び、
そして、一歩一歩成長をしていく。
これが、将来のあなたの夢を実現する為に
必要なことだと思うのです。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す