せどり-販売編

Pocket
LINEで送る

どうも松田です。

 

ここまでで、いくつか利益になりそうな商品が仕入れられましたら、次は販売です。

 

とはいえ、基本的には、商品情報をAmazonに登録をして送付してしまえば、それ以降の販売、集金、発送は、Amazonが実施してくれます。

この記事では、商品の登録から発送までを紹介します。

 

商品の登録

 

商品の発送は、アプリから行うことも、サイトから行うことも可能です。

今回は、アプリから登録する方法を紹介します。

例として、Play Station2 70000CB を登録してみます。

 

アプリは、事前にダウンロードしておいてくださいね。

 

アプリを起動し登録画面へ移動

 

AmazonSellerのアプリを起動します。

この画面内のメニューから、商品を登録していきます。

「スキャン」・・・バーコードがある商品の場合に選択します。

「商品を販売」・・・バーコードが無い場合に選択します。

 

以降、「商品を販売」を選択したケースです。

image

 

バーコードがついていない商品は、検索欄にキーワードを入力して検索します。

以下では、バーコードを読み取る場合を紹介します。
image
「スキャン」をタップすると、バーコードリーダー画面に遷移します。

ここでバーコードを読み取らせます。

 

image

 

商品を決定

 

バーコードを読み取ると、商品が表示されます。

目的の商品に間違いないことを確認して「出品する」をタップします。

 

image

 

 

商品情報を登録

 

先ほどの画面から、「出品する」をタップすると、商品情報の登録画面に遷移します。

 

まず最初に商品のコンディションを選択します。

コンディションとは、商品の状態を表し、「可」「良い」「非常に良い」「新品同様」「新品」から選択をします。

これら状態については、Amazonのコンディションガイドライン(以下)で定められていますので、参考にしてコンディションを決めてくださいね。

https://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=1085248

image

次に、商品のコンディション説明を記載します。

付属品、商品の状態を記載して、購入者が認識齟齬無く購入いただけるように、マイナス面も含めて記載します。

 

image

 

次は写真です。

新品の場合は、写真はアップできませんが、中古の場合はトラブルを避けるためにも、写真は撮影しておいたほうがいいです。

 

image

 

写真を撮影すると「サイズ」「焦点」の判定をしてくれます。いずれもグリーンであれば「登録」をタップします。

image

 

 

image

 

価格と商品管理番号を決めます。

商品管理番号は、自分の出品商品の中で一意(重複の無いように)決める必要があります。

登録した日や、入手元の情報などを記載すればよろしいかと思います。

 

image

フルフィルメントチャネルは「FBA在庫」を選択します。

情報の登録が完了しましたら、「次へ」をタップします。

 

image

 

内容を確認して登録

登録内容の確認画面が開きます。

内容を確認して「今すぐ出品」をタップします。

※今すぐ出品とした場合でも、FBA出品の場合には実際の商品が倉庫に届くまでは販売されません。

 

image

これで出品手続きは完了です。

image

 

 

商品の発送

 

発送の手続きは、AmazonSeller Central の画面から操作します。

以下からログオンをしておいてください。

https://sellercentral.amazon.co.jp/gp/homepage.html

納品情報を登録

画面上部の「在庫」-「在庫管理」を選択します。

商品一覧が表示されるので、先ほど登録した商品の右端のメニューを展開して「在庫商品を納品・補充する」を選択します。

01

数量の入力画面に展開しますので、販売する商品の数量を入力します。

03

 

他にも商品を発送する際には「商品を追加」ボタンをクリックします。

04

登録されている商品が表示されます。画面上部で、商品を絞り込むことも可能です。

対象商品の右側にある「プランに追加」をクリックすると、納品対象となります。

 

05

 

登録が終わりましたら「次へ」をクリックします。

 

商品にラベルを貼る

 

次は、納品する商品にラベルを貼ります。

「商品ラベルを貼付」画面で、「ラベルを印刷」をクリックします。

07

 

PDFでバーコードラベルが表示されます。印刷して、ラベルを商品に貼り付けます。

貼り付ける際には、箱についているバーコードが全て隠れるようにする必要がありますのでご注意ください。

08

バーコードの貼り付けが終わりましたら「続ける」をクリックします。

 

梱包する

 

いらなくなったダンボールなどに、商品を詰め込みます。

箱に入った商品でも、それらを送付するためには別の箱に入れてあげる必要があります。

http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_left_sib?ie=UTF8&nodeId=201236240

 

加えて、運搬用のダンボールは、改造(サイズ縮小の為にきり合わせたりしたもの)したものは、納品を拒否されることがあります。薬局などで不要なダンボールを譲ってもらい、そのままのものを利用するようにしましょう。

ただ、こちらもバーコードなどがついていれば隠してあげてください。

 

箱にラベルを貼る

 

以下画面にて「発送ラベルを印刷する」をクリックします。

 

13

 

このようなラベルが表示されますので、印刷をして、箱に貼り付けます。

剥がれてしまうと、返送されて戻ってきます。無駄なコストになりますので、剥がれないように透明テープでしっかりと貼り付けておきましょう。

14

 

箱の数量を入力して「納品完了」をクリックします。

これで、画面上の手続きは完了です。

15

 

送付する

 

ここまでくれば、後は商品をAmazon倉庫へ送付するだけです。

少量であれば、宅急便、宅配便などの中では「はこBoon」が安いようですね。

また、箱が複数で重い(30kg以上)の場合は、ヤマト便がオススメです。

何が良いかというと、箱の数ではなく、重さと容積で、金額が決まるからです。

この前も、大きめの箱を4つ、40Kgほどのものを発送しましたが、2500円程度でした。

通常だと、4000円にはなっていたと思います。

 

繰り返し発送するようになりましたら、業者と個別契約を結んでみるのも良いと思います。発送の頻度や地域によるようですが、かなり安くなることもあるみたいですね。

私は週末発送が多いので、ヤマト便を利用していますが、嫁さんが発送までできるようになったら、契約する予定です。


 

以上にて、商品を販売していきましょう。

不明点などありましたら、コメント欄へコメントくださいね。

それでは、松田裕之でした。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す