再就職するという選択肢がなくなった

Pocket
LINEで送る

どうも、松田です。

今日は、転勤に絡んだ心の変化

「『再就職する』 という選択肢がなくなった」

ことについて、共有します。

 

会社にて

 

じつは、会社で、こんなやり取りがあったんですね。

後輩君
転勤があるみたいですよ~
松田
そうなの?この時期にね~。
後輩君
わりと多くの人が転勤するみたいですね~
松田
へー。後輩君は辞令が出たらどうするの?
後輩君
会社辞めて再就職しますわ。地元離れられないですし。

松田さんは転職の辞令がでたらどうします?

松田
・・・。まぁ、地元は離れたくないねー。
松田
転勤しないことは決めているけど、会社辞めてどうする?

 

前置き1:転勤は当たり前

 

今の会社は、転勤は当たり前の会社です。

ようは、「個人の都合」では転勤は回避できない制度になっています。

ですので、いつ

「来月からxxへ転勤してくれ」

といわれても、制度上は拒否できません。

でも。

前置き2:転勤に応じられない

 

プロフやツイッターでも記載していますが、

私の個人的な事情で、

子供の体調に関連することが理由で、

転勤に応じることが極めて難しい状況にあります。

 

そのため、地域定住の制度を活用することを検討していますが、

それも完璧ではなく、仕事がない場合は、転勤になってしまいます。

 

本題:再就職するという選択肢がなくなった

 

私は、2015年8月からせどりを始めて、

副業だけで月に30万円を安定的に稼ぐようになりました。

 

これだけ稼げるようになるまでは、

「転勤の辞令がでたら、会社を辞めるしかない」

「会社を辞めて、地方の会社を探して安月給でも働こう」

と思っていましたし、

そうしないといけないと思っていました。

 

ですが、昨日、転勤の辞令がでるかもしれないという話が出たとき、

私には

「再就職して安月給で働く」

という選択肢はありませんでした。

後輩君
会社辞めて再就職しますわ。地元離れられないですし。松田さんは転職の辞令がでたらどうします?
松田
・・・。まぁ、地元は離れたくないねー。
松田
転勤しないことは決めているけど、会社辞めてどうする?
松田
地方の会社に再就職しても、30万円を手取りで稼ぐ仕事は、そうは見つからないはず。
松田
それに、60歳になってからようやく自由になる人生ってどうなのよ。
松田
定年を迎える前に亡くなった方もいるし、子供の将来のためにも、お金だけじゃなく思い出をたくさん残してあげたい!
松田
だったら、会社を辞めてせどりを仕事にすれば、自由な生活になるし、収入も今の倍の60万円はいくでしょ!
後輩君
え?何か言いました?
松田

 


 

私は、スキマ時間を利用して、副業で毎月30万円を稼いでいます。

会社を辞めて専業となったら、無理なく毎月60万円は達成できるものと思います。

 

せどりで稼ぐようになったおかげで、

私のこれからの人生には、より多くの選択肢を持つことができるようになりました。

「再就職する」

という選択肢は無くなりましたが

「起業する」

という、新たな選択肢を得ることができました。

 

1年前には、起業なんて絶対に無理と思っていましたが、稼ぐようになった今、起業へのハードルは下がりました。

 

これ、自分にとっても、家族にとっても、大きく価値のある変化でした。

 

皆さんは、この記事を見て、どのように思われたでしょうか?

 

転勤を言い渡されたら、どのように考え、行動されますでしょうか?

 

ツイッターやメールで感想をいただけるとうれしいです。

 

それでは。松田裕之でした。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す