実はこんなに簡単だった!エックスサーバで無料SSLを設定する方法

Pocket
LINEで送る

どうも松田です。

 

よく利用されているGoogleChromeというブラウザで、

今後、SSL化されていないホームページを表示する際には、警告が出るようになるそうです。

 

 

じつは、ホームページを見る時には、

httpとhttps とが使い分けられています。

http://ikumensedorist.com/

https://ikumensedorist.com/

 

httpsのほうは、SSL(Secure Socket Layer)方式でデータのやり取りが行われます。

 

誤解を恐れずに簡単に言えば

「SSLを使えば、セキュリティが守られる」

ってことになります。

 

ホームページを見る側からすれば「セキュリティが守られないページは避けたい」でしょうし、

ホームページで情報提供する側からすれば、そうやってページを見られなくなるのは困ります。

 

「でも、実際にSSL化を設定すると、毎年何万円もかかるし、設定もかなり難しい」

 

というのがこれまででしたが、最近では無料で簡単にSSL化ができるんですね。

 

今回は、エックスサーバの無料SSLを使う方法を説明します。

(このページもSSL化が完了しています)

 

実はこんなに簡単だった!エックスサーバで無料SSL化する方法

 

 

エックスサーバには、無料SSLが提供されています。

 

設定するだけでなんと 無料で!! 利用することができます。

手順は以下の通りです。

 

1.エックスサーバにログインします。

https://www.xserver.ne.jp/login_server.php

 

2.「サーバパネル」を開きます。

 

3.「ドメイン」から「SSL設定」をクリックします。

 

4.SSLを設定したいドメイン名の「選択する」ボタンをクリックします。

 

5.開かれた画面から「独自SSL設定の追加」タブをクリックします。

 

6.サイトのURLを確認して、「独自SSL設定を追加する(確定)」ボタンをクリックする。

 

7.「SSLを申請中」のメッセージが表示されることを確認します。

 

8.「SSLの設定一覧」タブに戻り、SSL用のアドレスを確認します。

 

9.1時間ほどまって、「8」に表示されているURLでアクセス可能かどうかを確認します。

以下のように「https://」でホームページが表示されれば完了です。

 

 

思ったよりも早く「SSL化は当たり前」のタイミングが近づいてきました。

SSL化をしていないホームページは、Googleの評価も下がってしまう傾向になり

検索ページの後ろに回ってしまう恐れもあります。

 

今のうちに設定を終わらせておきましょー(*^^)v。

 

それでは、松田裕之でした。

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す