FBAシミュレータへASINを引き継いでくれるChrome拡張機能:Amazon FBA Calculator Widget

Pocket
LINEで送る

どうも松田です。

ゲーム機せどりに限らず、

アマゾン販売する商品を仕入れる時には

手数料の計算が欠かせません。

 

多くの人は、

FBAシミュレータ

のサイトで計算していると思います。

 

でも、

アマゾンページと、FBA シミュレータの

両方のページを開いて

ASIN コードをコピペするのって

意外に面倒ですよね。

 

今回はその手間を省いてくれる

クロームの拡張機能を紹介します。

 

機能紹介

 

Amazon FBA Calculator Widget

 

2017-07-11_07h47_39

Amazon の商品ページでアイコンをクリックすると、商品・単価が設定された状態で FBA 料金シミュレータページが開きます。

 

ワンクリックで、

FBA シミュレータの画面を開き、

商品を設定してくれます。

 

それでは、

普通にFBA シミュレータを使う時の流れと

拡張機能を使った時の流れを

比べて見たいと思います。

 

普通にFBA シミュレータを使う手順

 

1.アマゾンの紹介ページを開きます。

2017-07-11_04h25_31

 

2. URL 内の、ASIN コードをコピーします。

2017-07-11_04h26_30

 

3. FBA シミュレータのページを開きます

2017-07-11_04h26_10

 

4. 検索欄に、ASIN コードを貼り付けて、

検索ボタンをクリックします。

2017-07-11_04h26_48

 

5. 商品が表示されます。

2017-07-11_04h26_58

6. 販売価格を入力していきます

 

Amazon FBA Calculator Widgetの使い方

 

(先に拡張機能を追加しておきます)

 

  1. アマゾンの商品ページを開きます。

2017-07-11_04h25_31

2. 画面右上に表示されている、

以下のアイコンをクリックします。

2017-07-11_04h25_43

 

3. 自動的に、ASIN が入力された状態で

FBA シミュレータのページが開きます。

2017-07-11_07h51_52

 

また、

商品が1種類に特定できる場合には、

新品の価格までも入力された状態で開きます。

 

まとめ

 

意外に面倒な、

FBA シミュレータでの調査が

これでかなりの手間が省けると思います。

 

まだ、有名どころの拡張機能と比べると

利用者数や評価も少ないですが

とても便利な機能ですので

確認して見てくださいね。

 

P.S

自分がやらなくていいことは、

機械か外注さんにやってもらわないと

いつまでも働き続けないといけません。

 

自分が楽になることを考えながら

稼いでいきましょうね。

 

それでは、松田裕之でした。

Pocket
LINEで送る

“FBAシミュレータへASINを引き継いでくれるChrome拡張機能:Amazon FBA Calculator Widget” への1件のコメント

コメントを残す