【ネット物販】仕入値を1画面内で調べる「FBA計算機」

Pocket
LINEで送る

こんにちは、松田です。

 

先日投稿しました、

FBAシミュレータを簡単に使うための拡張機能について

「もっと簡単な方法はないの?」

という質問をいただきました。

 

→先日の記事はこちら

Amazon FBA Calculator Widget

 

 

というわけで

もう1つ、便利な拡張機能を紹介していきます。

 

機能紹介

 

FBA計算機

 

2017-07-08_12h54_43

 

ユーザーフレンドリーなOne-click FBA計算機は、あなたのためにAmazonの手数料と総利益を計算します。 ASINを入力する必要はなく、Amazon Webサイトの製品ページで拡張機能を有効にするだけです。

 

 

商品を仕入れてAmazon FBAで販売する場合、

利益計算にFBAシミュレータを使っている方がほとんどのようです。

 

ただ、毎回商品コードを打ち込む必要があって、結構な手間です。

この機能は、Amazonの商品ページで、ボタンをクリックすることで、

新たなウィンドウが開いてFBAシミュレータと同等の計算をしてくれます。

 

2017-07-12_06h18_43

「紹介料」・・・ Amazonの「販売手数料」と思っていただければいいです

「総FBA料金」・・・ FBA出品の総コスト

「マージンの影響」・・・ 見込み利益(写真では、仕入れ値0円の場合)

 

 

 

 

Amazon FBA Calculator Widgetの使い方

 

(先に拡張機能を追加しておきます)

 

  1. アマゾンの商品ページを開きます。

    2017-07-12_06h18_56

  2. 画面右上のアイコンをクリックします
    2017-07-12_06h20_04
  3. 計算結果が反映された画面が表示されます
    2017-07-12_06h18_43

 

計算結果をFBAシミュレータと比べると、正しく計算されていることがわかりますね。

 

2017-07-12_06h19_38

 

まとめ

 

本拡張機能の利用により、

仕入判断においてかなりの手間が省けると思います。

 

 

ただ、一部商品カテゴリにおいては、

計算結果が違っており、事前に確認は必要と思います。

 

ゲーム機では、

2017-07-12_06h35_22

 

仕入れ値「0円」の場合、

FBA計算機の利益見通しは「25,314円」でした。

2017-07-12_06h35_34

 

一方、FBAシミュレータでは、「27,597円」でした。

2017-07-12_06h35_58

 

損をすることはないと思いますが、

新しいカテゴリの商品を調査する時には、

最初のうちは、両方でチェックをしておいたほうが安全ですね。

 

ぜひ追加をしてして、時間短縮を行いましょう。

 

それでは、松田裕之でした。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す