【せどり-準備編】まずは販売先を決めましょう

Pocket
LINEで送る

どうも松田です。

 

これから、商品を仕入れ、販売をしていきますが、

その前に「販売先(どこで商品を売るか)」を、ここで決めたいと思います。

 

もちろん、ラクマやヤフオクで販売をしてもいいのですが、

販売後の「梱包」「発送」という作業を毎回実施するのも大変ですよね。

 

これら「梱包」「販売」に加えて「集客」「販売」も担ってくれるサービスを紹介します。

 

せどりに適したサービス

 

インターネット上においても、「物販」はかなりハードルが高い事業になります。

物を販売するということは「お客さんを連れてきて、売る」ということなのですが、

 

じゃあどこからお客さんを連れてくるのか?

 

が大きな課題です。

 

そのような集客、ひいては販売、発送まで、ひとえに引き受けてくれるサービスがあるのです。

 

それはAmazon出品サービスです。

 

Amazon出品サービスとは

 

Amazon出品(出店)サービスは新品・中古商品に関わらず、誰でもその日からAmazon.co.jpで販売を開始できるサービスです。

Amazonと聞けば、多くの方が知っていますよね。

この大量の見込み客を持ったマーケットで、個人でも (兼業でも!)商品を販売できるのが、この「Amazon出品サービス」です。

 

たとえば私が仕入れた商品を、まとめてAmazonの倉庫に送付すると、それ以降の販売、発送、返品対応に至るまで、全てAmazonが対応してくれます。

それら商品は、「Amazonの販売ページ」にて販売をしてくれるのです。

 

以下の画像を見てください。

 

20160423_014437_91

これは、Amazonの販売ページ(中古)を表示したものですが、

画像の右半分をご覧いただくと、

販売は、ドリームアンドドリームさん。
発送は「Amazon.co.jp配送センターより配送されます」

と表示されています。

 

つまりこの商品は

 

「ドリームアンドドリーム」という販売者が 安く仕入れた商品をAmazonにあらかじめ郵送し その商品をAmazonが販売してくれているのです。

 

そして販売した商品の、決済から配送まで、Amazonがワンストップでやってくれます。

決済後の発送まで実施してくれるのは「大口出品」のみです。「小口出品」では発送は自分でやらないといけません。

大口出品と小口出品の違いは、以下Amazonのサイトをご覧ください。

http://services.amazon.co.jp/services/sell-on-amazon/individual-promerchant.html

 

大口商品の場合は「月額料金」がかかりますが、最初の3ヶ月は無料ですので、まずは「大口出品」で契約してみるといいでしょう。

 

以下ページから概要を再確認のうえで、「大口出品」で契約をしてみてください。

「月額料金が最初の3ヶ月は無料」とはいえ気になる方は、「小口出品」でもかまいません。

ただし「商品が売れた場合、自分で商品を発送する」ことは、兼業の方には大きなデメリットとなります。

繰り返しますが、「大口出品」で登録することをお勧めします。

 

Amazon出品サービス

 


 

なんとなくイメージがつきましたか?

私はこのサービスを利用することで、日々仕事をしていても、夜に疲れて寝ていても、休みに家族と遊んでいても、注文対応に追われることなく、売上と利益を得ています。

 

兼業で、毎日発送作業なんてできませんよね。旅行や長期出張なんてできなくなってしまいます。

 

松田のブログタイトルにもありました30万円は、このサービスを利用して稼いでいます。

 

後々方法を紹介しますが、慣れてくれば、

仕入れは毎日スマホで片手間作業になります。

 

もちろん実店舗で仕入れることもありますが、

朝早く、夜遅くまで働くサラリーマンにとっては、お店で仕入れるのって難しいですよね。

私は毎日通勤中と帰宅後の1時間を使って、仕入れを行っています。

 

準備が終わりましたら、次の「仕入れ編」に進んでくださいね。

松田裕之でした。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す