物販ブルーオーシャン: タイ バンコク 仕入れツアー 2日目

Pocket
LINEで送る

二日目・・・といいますか、仕入れは1日目ですね。

朝10:00にホテルロビーに集合です。

 

こちらの主催者kazuさん、アテンドの南口さん。

 

あとコンテンツ内で紹介されている
信頼できる業者の方と、ツアー参加者の皆さんと対面です。

 

10:00になって皆さん集合しましたので
自己紹介と注意事項の説明です。

これから4日一緒にいますので名前を必死に覚えます。

 

今日のコースは

・一番いいレートの両替所で両替
・ファッション系の仕入れ
・昼食
・革・シルバーの仕入れ
・夕食

です。

仕入れ

 

今日の移動はモノレールを利用します。

先にお金をアテンドの可愛らしいタイの女の子に預けて、全員分のプリペイドカードを買ってきてもらいます。

100バーツで十分移動できます。

近くの駅に移動して、カードを受け取ります。
改札はカードをかざすだけでOK。

 

モノレールは、時間帯によってめちゃ混むようで、一本目には乗れませんでした・・。

ただ次は5分もかからず来るのでそちらにのって移動します。

電車に乗る時の注意事項を一つ。

中では飲食禁止です。
水を飲むのも基本的にはNGです。

改札の前においしそうなコーヒーを売っていますが、時に監視員に呼び止められて破棄させられることがあるようなので要注意です。

今回は、ビニール袋に入れた状態だったので大丈夫だったみたい。

 

ショッピングモール内を縫うように歩いて、、、

 

まず料金所に到着です。

このあたりにあります。

両替所 SuperRich

黄色い看板でよく目立ちますが
ここは少し奥まったところにありますので
位置を確認しながら移動するといいです。

 

結構仕入れるつもりですので
10万円を両替します。

 

そこから少し歩くと仕入れするショッピングモールに到着です。

午前はアパレルと少し革製品を見ます。

午前の仕入れ

 

アパレルのおススメのお店を紹介してもらいました。

ここではとりあえず自分用にTシャツを買いました。

 

特殊加工されてていい感じですよね。

3つかったら1つおまけ。
450バーツだったので、
1つ110バーツ、400円弱くらいです。

作りもしっかりしてて、某国輸入だとちょっと品質が悪いですが、タイのものは品質が良くとっても安心です。

 

ちなみにこのモールでは、
小さい店舗が色んな所に点在していて、
店舗の移転も多いです。

アテンド業者さんはそのあたりをちゃんととらえているので安心です。

 

アパレル仕入れはそれくらいで
次は革製品を見に行きます。

 

財布とか

 

これなんだ?

 

という感じでお店を見ていきました。

 

昼食

 

そろそろお腹が空いてきましたので少し早めですが昼食です。

プラチナムの4Fのフードコートを利用します。

入り口近くで、お金を払ってプリペイドカードを受け取ります。200バーツくらいでいいです。

いろいろなお店がありますので、
気に入ったお店で注文して、カードで決済する形です。

色々惹かれるものがありましたが、
カオマンガイにしました。

カオマンガイの上に乗っかる鶏は、
ボイルしたものと揚げたものとを選べます。

今回はハーフ&ハーフでお願いしました。
80バーツくらいだったかな・・。

このスープ、唐辛子をメチャメチャ入れてしまって真っ赤になっています。

でもいい感じに塩味がきいて美味しかった。

もちろんカオマンガイも美味しいです。

 

完食。

食べた後の食器は、日本のフードコートとは違って店員さん(?)が片づけてくれるので
そのまま席を立って大丈夫です。

 

最後に、プリペイドカードの残高を返金してもらいます。

さて、午後からは革製品の仕入れです。

カービング財布


シルバー

牛革財布

 

スティングレイ
この白い模様が特徴的ですね。

 

 

写真にはありませんが、
日本語ができる店員さんのいる
ショップで、いろいろと仕入れができました。

 

番外:kazuさんの信頼度が分かるエピソード

 

今回仕入れに行ったショップのオーナーの方とkazuさんの信頼関係がとても強くて

ショップに伺ったら、オーナーさんが全員分のコーヒーを買ってきてくれました。

→日本だと500円くらいする大サイズのアイスコーヒーを!

 

明日は、そのショップの工場へ行くのでメッチャ楽しみです。

 

普通、ショップが自社工場を見せてくれることってないんです。いわば企業秘密のところなんで。

でも、kazuさんとの信頼関係ができているので、オーナーさんの方から招待いただいたそうです。

 

 

ちなみに、
事前のリサーチが不足していたので、
何を買ったらいいのか迷っていたのですが、
Kazuさんや南口さんがアドバイスをしてくれて、とてもいい仕入れができました。

 

アテンドの方について

 

今回同行頂いたアテンドの方(現地法人&日本人)も、タイ語がペラペラなので、

「これ牛革?クロコダイル?」
「まとめて買ったらいくらになる?」

などの確認・交渉もスムーズでした。

まるっきり単身で行くとそのへんが難しいかもしれませんので、

ツアーに参加するか、信頼できるアテンド業者に依頼するといいと思います。

 

このコンテンツ内で、今回の業者さんを紹介されています。業者の中には詐欺っぽいところもあるんで、こちらの業者を利用すると安心です。日本に戻っても、日本から仕入れができるようになるので参入障壁にもなりますね。

夕食

 

このツアーがいいのは、
仕入れが終わった後もアテンドをしてくれるところです。

 

中にはひどいツアーもあるみたいですね。
・主催者が同行しない
・売れないものを高く売りつける
・アテンド業者が後から店にバックマージンを要求する
・仕入れが終わったらハイサヨナラ

 

今回のツアーは、
・Kazuさん、南口さんが同行
→夕食が終わった後も!

・売れるものをアドバイスしてくれる

・アテンド業者が店にバックマージンを要求しない
→だから店との信頼関係が結ばれている

・夕食以降も一緒に行動してくれる

・ツアーが終わっても、skypeで交流が続く

 

そんないい機会に恵まれた幸せを感じながら、夕食会場へ移動します。

 

まずはビール。びあしんで乾杯です。

 

お米

 

これが食べたかった!ソムタム。
パパイヤのサラダです。
ピリ辛でシャキシャキしててめっちゃ好きなんです。

これなんだったかな・・・?

揚げ鶏

空心菜の炒め物

 

トムヤムクン

食べている間も、
店員さんがどんどんビールを注いでくれてついつい飲みすぎました。

 

そんな感じで、
店の人が常についてくれるような割とお高めのお店でした。

 

で、めちゃめちゃ飲んで食べた
その料金は、
一人730バーツ。

 

日本円でわずか約2,500円!
日本で食べたら、8000円くらい行くんじゃないのという美味しい料理でした。

 

(ちなみに食事代はツアー代金には含まれていません)

 

食事が終わって・・

 

さて、このまま歓楽街を通って

ホテルへ‥‥帰るわきゃないよね。

 

せっかくなので
夜の街へ・・・・。

 

タイの女の子と接するときの心得をもらいましたwww

 

こうして長い夜が始まりました。
(自主規制)

 

Pocket
LINEで送る

コメントを残す